CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
2009 Asia
Korea
China
Macao
Hong Kong
Vietnam
Laos
Thailand
Cambodia
Malaysia
Singapore

2010 Asia
India
Neple

2012 Australia
Darwin
Cairns
Innisfail
Ingham
Townsville
Bowen
Rockhampton
Gladstone
Bandaberg
Gympie
Noosa

2013 Australia
Brisbane
Gold Coast
Byron Bay
Lennox Head
Balina
Yamba
Coffs Harbour
Crescent Head
Port Macqarie
Taree
Nelson Bay
Newcastle
Sydney
Canberra
Mildura
Nanjiloc
Melbourne
Great ocean road
Torquay
Apoll Bay
Colac
Snow town
Hahndorf
Adelaide
Port Augusta
Border village
Norseman
Esperance
Margaret River
Parth
Geraldton
Monkey Bay
Carnarvon
Exmouth
Karijini Nationalpark
Broome
Derby
Halls Creek
Kununura
Katherine

2014 Australia
Darwin
Katherine
Mataranka
Tennant Creek
Alice Springs
Ululu
Coober Pedy
Port Augusta
Adelaide
Melbourne
Wilsons Promontory National Park
Sale
Eden
Sydeny
Crescent Head
Byron Bay
Coolangatta
Burleigh Heads

2014 Indinesia
Bali kuta
Nusa Dua
Uluwatu
Padang Bay
Lember
Lombok kuta
Gili Trawangan
Gili Meno
Gili air
Denperasr
Ubud
Medewi

2014 Canada
Vancouver
Whistler
Revelstoke
Tofino

2015 USA
Seattle
San FRancisco
Santa cruz
Santa Barbara
Ventura
Los Angeles

2015 Brazil
Sao Paulo
Florianopolis
Chui

2015 Uruguay
Punta del Delbio
La paloma
Montevideo
Colonia Del Sacrament

2015 Algentina
Buenos Aires

I am traveling in North America and South America now.

Thank you





CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 砂漠をラクダで歩く | main | 惰性 >>
最後の欲望
 念願のカジュラホへ到着。
この三日間移動の連続でした。旅も終わりに近づいているにも関わらず、行きたい場所に行きたいと言う欲が強く、結構シビアな移動になりましたがなんとか目的地まで到着。
この三日間の日程は
朝起きて駅まで移動。日の昇っている内はバス or  電車で移動。目的地の着いている頃には日はとっくに沈んでいて、そこから宿探し。宿についても町を散策する体力も残っておらず就寝。そして翌日、また日の昇っている内は移動。まぁ、こんな中でも救いは一人での移動が少なかったと言う事、一日目にしても二日目にしても話を出来る相手がいたので気が紛れ随分と楽になりました。三日目は電車とバスの乗り継ぎで苦労しました。インドなので何事も予定通りにはいかない。そんな中焦りと不安で余計に疲れが増しました。でも、この移動中なんとか動けたのは夜は宿でしっかりと寝ていたからだと思います。これが、ナイトバス&ナイト列車だと体調を崩していたのかもしれません。


念願のカジュラホはエロティックな彫刻で有名な遺跡。これまでたくさんの遺跡を見てきましたがそんな遺跡は初めて。インドに入る前からこの情報は持っていたのかな?どこで仕入れたか忘れましたが要約訪れる事が出来ました。

カジュラホの遺跡はこんな感じ。



すっごいきちんと整備されていて。芝生の手入れなんかもしてる人もいる。こういうのってあまり好きでは無く、レリーフも修繕なんかしないで欲しいなぁっていつも思っているのですが今回はそんな事は感じずむしろ逆に気持ちよく見ることが出来ました。





エロティックはエロティック
こんなレリーフが寺院いっぱいに広がっています。
遺跡をみると、いろんな時代を生きている人がいて、様々な考えを持った人がいる。その延長線上にちゃんと僕らがいるのだなと改めで考えさせられます。



Best of カジュラホ


これでインドは残すところアグラーのタージマハルのみとなりました。ま、正直言うと僕的には今回のカジュラホでお腹はいっぱいです。ただ、友達からインドに来たのならタージは絶対見ておかないと!って強く押されたので見ることに。
まぁ、見に行ってる人の意見で
「あれは行っておいて正解!」
と言う意見をよく耳にするので。世界一綺麗な建物を旅の締めくくりに迎えれるのはラッキーかなと。正直カジュラホからバラナシも近いのでもう一度スパイシーバイツを訪れるといった意味でもバラナシに行きたいのですが折角ならまだ行った事のない場所を訪れる事にしてみます。あぁ、今日も朝から歩き回って疲れた。多分今日も早く就寝です。

明日目指すは再びアグラー







| インド | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://isolog.isonaka.com/trackback/1313319
トラックバック