CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
2009 Asia
Korea
China
Macao
Hong Kong
Vietnam
Laos
Thailand
Cambodia
Malaysia
Singapore

2010 Asia
India
Neple

2012 Australia
Darwin
Cairns
Innisfail
Ingham
Townsville
Bowen
Rockhampton
Gladstone
Bandaberg
Gympie
Noosa

2013 Australia
Brisbane
Gold Coast
Byron Bay
Lennox Head
Balina
Yamba
Coffs Harbour
Crescent Head
Port Macqarie
Taree
Nelson Bay
Newcastle
Sydney
Canberra
Mildura
Nanjiloc
Melbourne
Great ocean road
Torquay
Apoll Bay
Colac
Snow town
Hahndorf
Adelaide
Port Augusta
Border village
Norseman
Esperance
Margaret River
Parth
Geraldton
Monkey Bay
Carnarvon
Exmouth
Karijini Nationalpark
Broome
Derby
Halls Creek
Kununura
Katherine

2014 Australia
Darwin
Katherine
Mataranka
Tennant Creek
Alice Springs
Ululu
Coober Pedy
Port Augusta
Adelaide
Melbourne
Wilsons Promontory National Park
Sale
Eden
Sydeny
Crescent Head
Byron Bay
Coolangatta
Burleigh Heads

2014 Indinesia
Bali kuta
Nusa Dua
Uluwatu
Padang Bay
Lember
Lombok kuta
Gili Trawangan
Gili Meno
Gili air
Denperasr
Ubud
Medewi

2014 Canada
Vancouver
Whistler
Revelstoke
Tofino

2015 USA
Seattle
San FRancisco
Santa cruz
Santa Barbara
Ventura
Los Angeles

2015 Brazil
Sao Paulo
Florianopolis
Chui

2015 Uruguay
Punta del Delbio
La paloma
Montevideo
Colonia Del Sacrament

2015 Algentina
Buenos Aires

I am traveling in North America and South America now.

Thank you





CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< パタゴニアが僕に与えてくれている事 | main | Time to... >>
移動を重ねて


Patagonia 地方も終わりに近づくにつれて、ビルや舗装された道路が増えてくる。
町にはどこに行っても同じ様な店ばかり。日本でもアメリカでも南米でも値段は違えど同じものが買える。
値段が違うのはどーせ税がどうのこうという問題。

自分がどこにいて何をしていても、結局どこにいるのともあまり変わらなかったりしてきている。
世界が似てきている。違いを求めてもそこには人間が求めた安易なモノで形成された集合体にしかならない。
多分コレが今の時代。そして、インターネット時代まっしぐらな今、結局家にいてもなんでもできてしまう。
この世の中は完全に人間の力の範囲を大幅に越え過ぎてしまっている様に思える。
進み過ぎた文明を戻す事は出来ないだろう。

この惑星に住んでる家賃を払う為に何ができるか?




この限りある時間の中で、自分だけの答えを見つけ出せればと思う。
この裏側。なにをしても、何をやろうとしても 異っした目で見られる。でも、それはどこに行っても一緒なのだろう。
なら、自分で勝手に変な枠を作らずにもっと自由に、信じるままに動いていこうと思う。
どこにいても考える事やる事は一緒。変な枠に捕われない自分になりたい。

チリチコから少しあがった港からフェリーを使ってチロエ島に入りこれから首都サンティエゴへ向かう。
都会が近づく。うん。。。先に進む事が前に進む事なのだろうか。ペース配分分からないが。移動する事に何かの意味があるように今は思える。


写真はフェリーに乗っているときに巡り会った小さな漁村。
同じ時代に生きているのに大きく違っているモノがきっとあそこにはある。
| Chile | 02:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://isolog.isonaka.com/trackback/1313996
トラックバック