CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
2009 Asia
Korea
China
Macao
Hong Kong
Vietnam
Laos
Thailand
Cambodia
Malaysia
Singapore

2010 Asia
India
Neple

2012 Australia
Darwin
Cairns
Innisfail
Ingham
Townsville
Bowen
Rockhampton
Gladstone
Bandaberg
Gympie
Noosa

2013 Australia
Brisbane
Gold Coast
Byron Bay
Lennox Head
Balina
Yamba
Coffs Harbour
Crescent Head
Port Macqarie
Taree
Nelson Bay
Newcastle
Sydney
Canberra
Mildura
Nanjiloc
Melbourne
Great ocean road
Torquay
Apoll Bay
Colac
Snow town
Hahndorf
Adelaide
Port Augusta
Border village
Norseman
Esperance
Margaret River
Parth
Geraldton
Monkey Bay
Carnarvon
Exmouth
Karijini Nationalpark
Broome
Derby
Halls Creek
Kununura
Katherine

2014 Australia
Darwin
Katherine
Mataranka
Tennant Creek
Alice Springs
Ululu
Coober Pedy
Port Augusta
Adelaide
Melbourne
Wilsons Promontory National Park
Sale
Eden
Sydeny
Crescent Head
Byron Bay
Coolangatta
Burleigh Heads

2014 Indinesia
Bali kuta
Nusa Dua
Uluwatu
Padang Bay
Lember
Lombok kuta
Gili Trawangan
Gili Meno
Gili air
Denperasr
Ubud
Medewi

2014 Canada
Vancouver
Whistler
Revelstoke
Tofino

2015 USA
Seattle
San FRancisco
Santa cruz
Santa Barbara
Ventura
Los Angeles

2015 Brazil
Sao Paulo
Florianopolis
Chui

2015 Uruguay
Punta del Delbio
La paloma
Montevideo
Colonia Del Sacrament

2015 Algentina
Buenos Aires

I am traveling in North America and South America now.

Thank you





CATEGORIES
MOBILE
qrcode
新しい境界線越えへ
人生において、「はい」このラインを越えたら新しいスタート地点ですよ、終着点ですよなんてラインは見当たらない。
目でハッキリと見えるワケでもないし与えられるモノでもない。
ある意味その境界線は自分で引くものであるのかもしれない。
気持ちの面での切り替えで言うと寝て起きた瞬間は新しい物事の始まりな様な気がする。

入学式や卒業式、試験の始まり終わりなど、与えられる事が多い境界線の中で、自分でその線を引く事が出来るかで、いくつかの自分に区切りを付ける事ができる。旅はその境界線が見えやすい期間だと思う。全て自分の判断でその線を引けるから。
今思えば毎日がその境界線を引く作業であったし、考える期間であった様に感じる。
日常生活においての境界線なんて始業開始と終了みたいなもんなのかな。

今、僕のいる環境で言える境界線とはこの国からあの国にいく国境のイミグレがソレにあたる。
いつ、どのタイミングでどこのイミグレを通るか。自分で判断し行動していかないといけない。
日本における境界線はなんだ?っと

自分を取り巻く環境の中、何が自分の境界線で、何をどこまで出来るのかをしっかり見定めながら生活していかないといけないのだろう。分かんなくなる時もあるだろうが、その時はもう一度旅に出たいと思う。
自分の時間の使い方をすごく考えさせられる、また新しいモノを捉える事ができたのかな。今回の旅は。
少なくとも、世の中の流れを見る事ができたし、自分のやりたい事、好きな事、必要な事ってのが分かった旅でした。
この感覚忘れたくないんですけど、日本に帰ると分からなくなってしまいます。
いっぱい書き溜めてるんだけど、今後の自分がこの感覚を忘れない事を願ってます。
長らく積み重ねてきた経験と感覚を大切に守りながら一歩一歩ゆっくりと歩んでいければいいなと思います。
| Brazil | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
進む事
さて、何を考え、どう行動し、どっちに向かうのか?
動き出す瞬間はいつも少しの緊張とワクワクを携えながら先の事を考える。
面白い事も悪い事も色んな事が頭をよぎる。
旅に出てみると思っていた以上の事は起きなかったり(悪い事)
ただ、想像以上の面白い事が起きたりと、いつも驚いてばかり(良い事)
総合的に、客観的に全てを見返した時に、悪い事より良い事の方が多く起きていたんだなと思い返せる様な人生であれば、それは最高の道のりだったのだろうと思える事ができる。

残りの時間、振り返った時にそう思える様な。そんな旅をしたい。
| Algentina | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
足踏み
心が穏やかでない時がある。
行き道が塞がり、今のこの現状をどう受け止めれば良いか分からない瞬間がある。
先に目指すものが無いと日々が府抜けた糸電話の様になってしまう。伝わるものも伝わらない。
日々が何の為にあるのか、時間の使い方を考えさせられる旅の後半戦。日本を出てから一年と数ヶ月が過ぎている。
日本では味わえない様な時間の使い方をしている。
贅沢なのか?いや、昔はこんな感じだったハズ。忙しい現代社会の波には到底ついて行けない気がする。

ありがたい事にこうゆう時間は色んなアイディアが出てそして消え、生まれる。
その道しるべの中足下を照らす光はなんなのかを、教えてくもらえる瞬間がある。
この今の足踏みもどこかで起きるであろう貴重なイベントの為の準備期間。その瞬間に備えて今はただ、この時間の使い方を試行錯誤するのみ。新たな出会いは僕に新たな見解を見せてくれます。


2月も1週間が過ぎました。
残りの期間、満足いく様な時間の使い方を。
大切なのは1つ
| Algentina | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/389PAGES | >>